スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超早期発見が最大のリスク回避。 

日本人女性20人に1人が乳がんだと言われています。
乳がん発生は20歳過ぎから認められ、50歳前半が最も多い年齢となり、特に35歳以下での発生は死亡率が高いと言われています。

乳がんは早期がん(2cm以下)で発見されると治療を受ければ90%は助かると言われていますが、約10%の早期がんはリスクがあります。
つまり、超早期がん(数ミリ)で発見することが100%完治の最大のリスク回避と考えられています。

この超早期がんでの発見が可能なベルーガクリニック PBCシステム乳がん検診、都内では唯一ベルーガだけです。

大学病院を始め高度医療機関には乳腺科という専門分野がありますが、身近な所には殆ど乳腺科専門の施設がありません。
身近で気軽に行けるホームドクターで高度な設備を整えた乳腺科クリニック、それがベルーガクリニックです。
スポンサーサイト
[ 2006/07/31 14:46 ] Motion | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aprilflower.blog64.fc2.com/tb.php/92-13bafaea






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。